主催:
有限責任監査法人トーマツ
日時:
2016年9月29日(木)14:30〜17:30(14:00受付開始)
申込期間:2016年8月2日(火)〜2016年9月20日(火)
我が国における収益認識に関する包括的な会計基準の開発が2015年より開始され、現在、企業会計基準委員会(以下、「ASBJ」)において継続して検討されています。新たな会計基準は、国際財務報告基準第15号「顧客との契約から生じる収益」(以下、「IFRS15」)の内容を出発点として検討されていますが、IFRS15を踏まえた開発により、企業にとって適用上の課題が生じ、かつ影響する企業の範囲が広汎に及ぶことから、ASBJは、2016年2月4日に「収益認識に関する包括的な会計基準の開発についての意見の募集」(以下、「意見募集文書」)を公表しました。
 意見募集文書において、IFRS15の適用上の論点が整理されており、意見募集に対するコメントが2016年6月9日に公表されています。建設・不動産業において該当すると予想される論点について、具体的な事例を基に、コメントも踏まえて会計処理及び内部統制に及ぼす影響をデロイト トーマツ グループの専門家が解説いたします。

開催概要

会場
〒108-0075 東京都 東京都港区1-9-36 アレア品川 4階
TEL: 03-6717-7000
JR品川駅 港南口(東口)から徒歩2分
参加費 無料
定員 80名
対象 建設・不動産業対象 内部監査部門、経営企画部門、経理部門管理者様向
内容 14:30 〜 14:35 開会のご挨拶
        
          有限責任監査法人トーマツ 
          建設・不動産事業ユニットリーダー 鈴木 登樹男

14:35 〜 15:20 収益認識基準の概要説明
          ・意見募集を含む基準開発状況とIFRS15の解説
          ・建設・不動産業の論点紹介

          有限責任監査法人トーマツ
          建設・不動産事業ユニット所属 パートナー 大村 広樹

15:20 〜 16:00 建設・不動産業の論点
          〜建設業の事例解説〜

          有限責任監査法人トーマツ
          建設・不動産事業ユニット所属 シニアマネジャー 熊谷 和哉
                              シニアマネジャー 田中 圭
                              シニアマネジャー 柏村 卓世
                              マネジャー   大中 真一郎
16:00 〜 16:15 コーヒー・ブレイク

16:15 〜 17 :25 建設・不動産業特有の論点
          〜建設・不動産業の事例解説〜

          有限責任監査法人トーマツ
          建設・不動産事業ユニット所属 シニアマネジャー 熊谷 和哉
                              シニアマネジャー 田中 圭  
                              シニアマネジャー 柏村 卓世
                              マネジャー   大中 真一郎
17:25 〜 17:00 閉会のご挨拶

          有限責任監査法人トーマツ 
          建設・不動産事業ユニット所属 パートナー  草野 耕司
内容
詳細資料
備考 ※ 都合によりプログラムおよび講師が変更になる可能性がありますことをご了承ください。

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
セミナー事務局 担当: 原・山西・大迎
TEL: 03-6213-1010FAX: 03-6213-1019
東京都千代田区丸の内1-11-1 PCPMビル