主催:
デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
日時:
2016年9月28日(水)14:00〜17:00
お申込み締切:  2016年9月23日(金)
企業価値の定義を変えうる歴史的瞬間から1周年

2015年9月の国連サミットで193か国の首脳が採択した『持続可能な開発目標(SDGs: Sustainable Development Goals)』。2030年までに先進国を含む世界全体で環境・社会と調和のとれた経済の実現を目指し、民間企業にもコンプライアンス型CSRを超えて、社会課題をコアビジネスに取り込んだ能動的関与を求めています。日本政府はこのとき、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が国連責任投資原則(PRI)に署名したことを発表。これにより、持続可能な社会の構築に貢献できるかどうかに着目して企業を選別する投資手法である「ESG投資」が、国内でも本格始動することになりました。

SDGsは持続的成長のための戦略ツール

ビジネスの環境・社会インパクトに対するステークホルダーの関心・要求は年々高まっており、グローバル企業にとってステークホルダーとの対話は不可欠な戦略要素となっています。機関投資家の投資判断におけるESG情報の重要性は増す一方、政府や国際機関、NGO/NPOは今後企業に対し、SDGsを中心に据えた対話を求めてくることが予想されます。企業がステークホルダーの支持を巡って企業責任とイノベーションで鎬を削る、新たな競争時代の到来です。

本セミナーでは、国連サミット1周年を踏まえ、目指すべきSDGs統合型ビジネスのあり方を考えます。そして、その成功に向けてカギとなる、投資家、顧客・生活者、NGO/NPOといった主要ステークホルダーとの関係構築について、識者が意見を交わします。ご多忙中とは存じますが、是非ご参加下さいますようお願い申し上げます。

開催概要

会場
〒100-0004 東京都 千代田区大手町1-1-2 大手門タワー・JXビル1階
東京メトロ、都営地下鉄大手町駅(C10出口)より徒歩2分
参加費 無料
定員 100名
※お申込多数の場合はやむを得ず抽選とさせていただく場合がございます。
また、主催者の同業者様のお申込はご遠慮下さい。
対象
内容 【講演1】
持続可能な開発目標(SDGs)をビジネスに使いこなす
デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
CSR・SDGs推進室 室長 田瀬 和夫

【講演2】
SDGsを使って企業と生活者を繋げる
博報堂DYホールディングス
CSRグループ推進担当部長 川廷 昌弘 氏

【講演3】
SDGsを使って投資家との関係を強化する
りそな銀行 信託財産運用部企画・モニタリング グループリーダー 
松原 稔 氏

【講演4】
SDGsを使ってNGOの期待を知り、協業を追求する
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
アドボカシー担当 大野 容子 氏
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
セミナー事務局
TEL: 03-4218-4685(電話によるお問合せ受付時間:平日10:00〜11:45、12:45〜17:00)
東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル4F