主催:
デロイト トーマツ税理士法人
Deloitte Touche Tohmatsu Certified Public Accountants LLP
    有限責任監査法人トーマツ
日時:
2016年10月28日(金)
午前の部:10:00〜12:15(9:30 開場)
午後の部:13:15〜16:30
※午前の部、または午後の部のみのご参加も可能です。
申込期間:2016年8月30日(火)〜2016年10月26日(水)
毎年ご好評をいただいておりますDeloitte Touche Tohmatsu Certified Public Accountants LLP(デロイト中国)との共催による 「中国税務アップデートセミナー」を、本年度は「中国税務・会計アップデートセミナー」として、下記要領にて開催いたします。
本セミナーの午前の部では、会計に関するアップデートとして、新企業会計準則の改訂状況(IFRSとの比較を含む)と中国子会社の決算上の留意点を解説するとともに、近年増加傾向にある中国事業の再編をテーマに取り上げ、中国子会社の再編もしくは撤退を検討および実行する際に考慮すべき実務上の留意点について解説いたします。
また、午後の部では、中国の税務執行に関する最新動向として、特に関心の高い移転価格税制をめぐる最近の動きと、一段と強化の傾向がみられる税関調査の動向を中心に解説いたします。そのうち移転価格税制については、2016年7月に公布された関連者間取引の申告と移転価格ドキュメンテーションに関する新通達の内容および企業の取るべき対応策などを解説いたします。
本セミナーでは、デロイト中国およびデロイト トーマツグループの各分野における専門家が講師を担当いたします。
ご多用中とは存じますが、万障お繰り合わせの上ご参加いただけますようご案内申し上げます。

開催概要

会場
〒541-0042 大阪府 大阪市中央区今橋4-1-1 淀屋橋三井ビルディング6F
最寄駅: 地下鉄御堂筋線淀屋橋駅10番出口直結
参加費 無料
定員 130名
対象
内容 午前の部: 
1. 会計アップデート〜新企業会計準則の改訂状況、決算上の留意点 など
2. 中国子会社の再編と撤退における留意点

午後の部:
3. 移転価格税制アップデート〜新しいドキュメンテーションの要求、最近の執行状況 など
4. 税関調査の動向
5. その他のトピック〜増値税改革 など
※上記の内容は、若干変更になる可能性がありますことをご了承ください。
内容
詳細資料
備考 ・会場の都合上、原則1社2名様までとさせていただきます。
・本セミナーは一般の方対象のため、会計事務所関係の方はご遠慮ください。
・申込多数の場合には抽選とさせていただきますことを予めご了承ください。

お問い合わせ

デロイト トーマツ税理士法人
大阪事務所 セミナー運営事務局:岩本容子/司馬裕子
TEL: 06-4560-8000(代表)FAX: 06-4560-8001
〒541-0042 大阪市中央区今橋4-1-1 淀屋橋三井ビルディング5階