主催:
有限責任監査法人 トーマツ
    年金アドバイザリーサービス
日時:
2016年11月16日(水)14:00〜17:00
申込期間:2016年9月28日(水)〜2016年11月8日(火)
 イギリスのEU離脱の国民投票結果により金利はグローバルでさらに低下し、海外子会社が実施する企業年金の債務が増加して日本の親会社の財務諸表に大きな影響を与えるようになりました。また、海外企業のM&Aや成熟市場からの撤退などクロスボーダーの組織再編の事例が増えている中で、海外の企業年金が課題になることも多く見受けられます。
 海外年金への関心の高まりを受けまして、トーマツでは一昨年、昨年に引き続き、グローバル年金マネジメントセミナーを開催いたします。今年のセミナーでは、アメリカやイギリス、ドイツ、オランダの企業年金の基礎知識や最新トピックス、日系企業の対応事例などを取り上げまして、皆様のグローバル年金マネジメントの一助になればと考えております。
 ご多忙とは存じますが、万障お繰り合わせのうえ、是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。

開催概要

会場
〒100-7004 東京都 東京都千代田区丸の内二丁目7番2号 KITTE 4階
参加費 無料
定員 120名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
対象 連結経理・財務部門、グローバル人事部門、グローバル事業管理部門の役職員の方など
(※ 同業者の方、またお申し込みが定員を超えた場合にはお断りする場合もありますので、ご了承下さい。)
内容 ・アメリカ、イギリス、ドイツ、オランダ各国の企業年金の基礎知識
・各国の最新トピックス(イギリスEU離脱やアメリカ大統領選挙による影響を含む)
・日系企業の対応事例、M&Aや組織再編における留意点など
・一部デロイトグループ海外年金チームによる説明、日本語同時通訳あり、また個別質問会あり

内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
金融インダストリーグループ セミナー事務局
TEL: 03-6213-1163
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル