主催:
有限責任監査法人トーマツ 京都事務所
日時:
2016年12月6日(火)14:30〜16:30
申込期間:2016年11月2日(水)〜2016年12月5日(月)
企業活動のあらゆる局面でITが不可欠となる中、成長戦略の実現に向けてITをより効果的・効率的に活用したいという経営者の期待は従来にも増して高まっており、その一方で、リスクマネジメントの視点でも、その重要性と複雑性を増してきている状況にあります。中でも、老朽化した基幹システムのリプレースは、事業の成長及び継続のためには避けて通れない一大イベントですが、単なる現状維持の更新にとどまるケースが多く、事業戦略や経営管理へのデータ活用といった積極的な視点をもった経営者の期待に応えるIT投資ができている企業は少ないのが実態であり、事業部門が置き去りになった効果の低いシステムとなったり、つぎはぎで使い勝手の悪いシステムとなってしまっているケースも散見されます。また、昨今聞かれるBCPやサイバーセキュリティなど、経営者を悩ませるリスク要因についても事業への影響を考慮した対策をとっていくことが求められます。
本セミナーでは、企業における「攻め」と「守り」の観点から、投資対効果を引き出すシステム再構築の進め方と成功のポイントおよびIT環境の変化を踏まえたITリスクへの対応策について解説します。

開催概要

会場
〒600-8216 京都府 京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町676番13
TEL: 075-352-7444
JR京都駅(烏丸中央口)から東へ約1分
参加費 無料
定員 60名
対象
内容 ・ 投資対効果を引き出すシステム再構築の進め方と成功のポイント
・ IT環境の変化を踏まえたITリスクへの対応策
内容
詳細資料
備考 お申込受付後、メールにてご案内をさせて頂きます。

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
セミナー事務局 京都:上坂 曜子、 川並 和佳子/滋賀: 林田 幸子
TEL: (京都)075-254-6350 (滋賀)077-522-2161FAX: (京都)075-254-6350 (滋賀)077-522-2161
京都市下京区四条通烏丸東入長刀鉾町20 四条烏丸FTスクエア