主催:
有限責任監査法人トーマツ
日時:
2016年12月21日(水) 13:30〜16:30
申込期間:2016年11月18日(金)〜2016年12月19日(月)
足元の政治・経済環境が不確実とは云え、自動車業界にとってアセアンが重要な主戦場であることに異論を唱える人はいないと思います。しかしながら、このマーケットの特性を冷静に分析して真に理解し、どう戦うのか突き詰めて考え切れていないように感じます。近年、日本国内ではIot、インダストリー4.0、車の自動運転と高度交通システムといった非連続な変化の潮目の真っただ中にあり、限られた経営資源を迅速に新たなビジネスモデルの創造に投入せざるを得ない状況にあります。アセアンにリソースを割くことはますます困難になり、より効率的な事業運営が肝要となることは自明です。
問うべきは、自立・自律主義という名のもとに現地に事業運営を任せるのではなく、日本本社がどのような役割、権限及び機能を担いリードするのかということです。
本セミナーを通じて、今後のアセアンにおける事業環境を正しく理解し、日本とアセアン拠点の関係をあらためて問い直すきっかけづくりに貢献できれば幸いです。

開催概要

会場
〒450-8530 愛知県 名古屋市中村区名駅一丁目1番1号
TEL: 052−565−5082
・ 名古屋駅(徒歩1分)
・ 地下鉄名古屋駅(徒歩1分)
・ 名鉄名古屋駅・近鉄名古屋駅(徒歩4分)
参加費 無料
定員 70名
対象 自動車OEM、素材・部品サプライヤー経営企画担当役員、経営企画、グローバル推進、財務経理、内部監査 ご担当者
内容 1. ASEANの自動車業界観測と見通し (長尾光宏)
2. タイにおける事業課題と対策 (赤尾聡)
3. インドネシアにおける事業課題と対策 (長尾光宏)
4. 今後の日本本社の機能と役割、ASEAN展開のあり方
  (パネルディスカッション形式)
           (赤尾聡)
           (長尾光宏)
           (生田貴紀)
内容
詳細資料
備考 ※講演テーマ・講師は変更となる場合がございます。予めご了承ください。
※会場の都合により、受付開始時間前に入場が出来ない場合がございますので、予めご了承下さい。

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
セミナー事務局:木村知子、浅野唯菜
TEL: 052−565−5082FAX: 052−565−5549
〒450-8530 名古屋市中村区名駅一丁目1番1号 JPタワー名古屋