主催:
有限責任監査法人トーマツ
日時:
2017年1月20日(金)14:00〜16:30
申込期間:2016年11月28日(月)〜2017年1月18日(水)
企業の成長戦略を語る上で、新規事業開発は避けては通れないミッションでありますが、人工知能やAR/VRなどテクノロジーの急激な変化、Uber、Airbnbなどディスラプト(業界破壊)型サービスの台頭が目立つ昨今、これまでの中央研究型によるクローズドな事業開発だけではなく、新たなテクノロジー・サービスをスモールスタートさせることが得意なベンチャー企業をはじめとした外部企業と組んでオープンに事業開発をすすめていく企業が増えてきています。
一方、外部企業と連携していくことは容易ではなく、どのような企業を、どのように発掘するのか、どのような組み方があるのか、具体的にどのように協業を進めていくのか、など多くの企業が様々な課題に直面しているのも事実です。
本セミナーでは、外部企業と組むことの意義・メリット、協業の方法・流れ、協業にむけた留意点について説明いたします。
時代の急激な変化に対応し、新たなコトにチャレンジし、新規事業を立ち上げていく必要をお感じの企業様に向けて、どのように取り組んでいくべきか、東京での潮流など先進的な事例を紹介しながら説明します。
ご多忙とは存じますが、お繰り合わせのうえ、ぜひご参加くださいますようご案内申し上げます。

開催概要

会場
〒700-0026 岡山県 岡山市北区奉還町2丁目2番1号 岡山国際交流センター 7F 多目的ホール
TEL: 086-256-2905
JR岡山駅(西口)より徒歩5分。
新幹線・在来線ご利用の方は、2F中央改札口から全日空ホテル方面経由が便利です。
当センターには一般駐車場はございません。
センター東隣の岡山駅西口パーキング、または最寄の駐車場をご利用ください。
参加費 無料
定員 36名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
対象 中堅・中小企業・ベンチャー企業の経営者・経営企画・新規事業開発担当・M&Aご担当者様
内容 ・ 外部企業と組んだ新規事業開発の魅力と困難さ
・ 新規事業開発検討の方向性
・ 開発手法の潮流
・ 事例紹介
内容
詳細資料
備考 お申込みは1名様ずつのご登録が必要となります。
開催1週間前までに受講案内をメールにてお送りいたします。
当日ご持参いただくもの:筆記用具、受講票、また、お名刺を1枚ご持参ください。
※同業者の方、もしくはお申し込みが定員を超えた場合にはお断りする場合もありますので、ご了承下さい。

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
岡山事務所 セミナー事務局 担当:吉國
TEL: 086-234-0361FAX: 086-234-8332
岡山市北区表町1-5-1岡山シンフォニービル10F