主催:
ベーカー&マッケンジー法律事務所/デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
日時:
2017年2月7日(火)10:00〜18:30
申込期間:2017年1月5日(木)〜2017年1月31日(火)
昨今、企業を取り巻く社会環境の様々な変化の中で、コンプライアンス(法令順守)や情報管理への関心はますます高まってきています。実際に情報漏洩や従業員による不正が発生すると、損害賠償金の支払いといった直接的なコスト負担のみならず、社会的信頼の失墜による業績の悪化など、企業に与える影響は計り知れません。そのため、平時におけるインシデント発生防止に有効な体系的情報管理、また、有事の際に迅速に対応するためのデータマイニングなどにおいて、いかなる視点から整理、統合し、有効に活用するかが重要になってきます。
今回、ベーカー&マッケンジー法律事務所およびデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社は、「求められる企業内情報の管理と不正の実態」と題しまして、下記の内容のセミナーを開催いたします。本セミナーでは、事例紹介や法的見解を交えながら情報管理のあり方を解説させていただきますので、経営者から実務のご担当者の方まで、幅広い方々に今後の参考情報としてお役立てていただけるのではないかと考えております。

       ※お申込み多数のため、受付を締め切らせていただきました。
        キャンセル待ちをご希望の方は、以下のアドレスまでご連絡ください。
        dtfa_seminar@tohmatsu.co.jp

開催概要

会場
東京都 千代田区丸の内2-7-2 JPタワー4F
・JR東京駅 丸の内南口徒歩1分
・丸ノ内線東京駅 地下道直結
・千代田線二重橋駅 4出口徒歩2分
・三田線大手町駅 D1出口徒歩4分
参加費 無料
定員 150名
対象 経営企画・事業戦略・事業開発・研究開発部門/法務・知的財産担当部門のご担当者、管理者及び責任者様向
内容 10:00-10:05 Opening remark
講師:ベーカー&マッケンジー法律事務所 近藤 浩 氏

10:05-11:05 基調講演 「企業内の情報を、いかなる視点から整理、統合し、有効に活用するか」〜情報を統一的に管理し、法的・経営的側面から考察する〜
講師:ベーカー&マッケンジー法律事務所 達野 大輔 氏
デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 安井 望
<共同講演>

11:05-11:50 「個人情報保護と営業秘密の観点から考える、統一的文書管理の在り方」
講師:ベーカー&マッケンジー法律事務所 達野 大輔 氏

12:00-12:45 「営業秘密漏洩の実務対応」
講師:デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社 岡田 大輔

12:45-13:45 昼休憩

13:45-14:30 「企業不正、第三者委員会、及びディスカバリーリスク」
講師:ベーカー&マッケンジー法律事務所 西垣 建剛 氏

14:30-15:15 「調査委員から見る大型会計不正に関する傾向」 
講師:デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社 築島 繁

15:15-15:25 休憩

15:25-16:10 「近時のインサイダー取引規制の改正と高まる情報管理の重要性(近時の違反事例を踏まえて)」
講師:ベーカー&マッケンジー法律事務所 高橋 謙 氏、渡邊 大貴 氏

16:10-16:55 「データマネジメント事例」
講師:デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社 清水 亮

16:55-17:00 総括とQ&A
デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社 築島 繁

17:00-18:30 懇親会
セミナー参加者は、無料にて参加いただけます。
懇親会は立食形式にて軽食およびお飲み物をご用意いたします。
内容
詳細資料
備考 講演テーマ・講師は変更となる場合がございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
セミナー事務局
TEL: 03-6213-1180
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル