主催:
デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
長島・大野・常松法律事務所 
日時:
2017年2月6日(月)15:00〜16:55
申込期間:2017年1月10日(火)〜2017年2月3日(金)
弊社では、日頃お世話になっている皆様に、東南アジアのライフサイエンスヘルスケア市場への参入に係る最新の動向、留意点をお伝えすることを目的として、法律の専門家である長島・大野・常松法律事務所と共同セミナーを企画いたしました。 前回2016年7月に行ったタイ・セミナーに続き、今回はベトナムを取り上げます。
ベトナムのライフサイエンスヘルスケア市場は、経済成長と生活環境の変化、高齢化社会の急速な進行や非感染性疾患の増加など事業環境が変化してきており、既存プレイヤーだけではなく新規参入プレイヤーを含め、より競争が激化すると予測されます。
本セミナーでは、具体的なテーマとして、前半で「ベトナムのライフサイエンスヘルスケア市場参入に係る最新の動向」と題し、ベトナムのライフサイエンスヘルスケア市場の現状と将来性、市場参入に係る最新の動向、留意点を中心に取り上げます。法務のみならず、医薬品、医療機器、ヘルスケア(病院)と幅広い業界におけるビジネスを一度にカバーし、市場参入、拡大を前提とした市場動向を整理し紹介いたします。さらに、後半では「ベトナムのライフサイエンスヘルスケア事業に関する法的留意点」と題して、法務の面から留意すべき外資規制、業規制に加え、M&Aにより参入する場合の実務面での注意点についても実例を踏まえて解説させていただきます。

皆様のお役に立てる充実したセミナーとなりますよう、長島・大野・常松法律事務所と一丸となって準備に努めて参りますのでご参加いただけましたら幸いです。
なお、セミナー終了後には、ささやかな懇親会を予定しておりますので、こちらもあわせてぜひご参加ください。
皆様のご出席を心よりお待ち申し上げております。

開催概要

会場
東京都 千代田区丸の内2-7-2 JPタワー
・JR東京駅 丸の内南口徒歩1分
・丸ノ内線東京駅 地下道直結
・千代田線二重橋駅 4出口徒歩2分
・三田線大手町駅 D1出口徒歩4分
参加費 無料
定員 60名
対象 東南アジアヘルスケア領域への参入を検討している事業会社(経営企画部、事業企画部、法務部、財務部、  事業部、知的財産部など)、投資家 ほか
内容 15:00〜15:05 開会挨拶
長島・大野・常松法律事務所 内海 健司氏

15:05〜15:55 ベトナムのライフサイエンスヘルスケア市場参入に係る最新の動向
講師:デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社 浦川 慶史

15:55〜16:00 (休憩)

16:00〜16:50 ベトナムのライフサイエンスヘルスケア事業に関する法的留意点
講師:長島・大野・常松法律事務所 澤山 啓伍氏

16:50〜16:55 閉会挨拶
デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社 松本 一則 

17:00〜18:00 懇親会
 会場:長島・大野・常松法律事務所 625会議室(JPタワー36F)
内容
詳細資料
備考 講演テーマ・講師は変更となる場合がございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
セミナー事務局
TEL: 03-6213-1180
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル