主催:
有限責任監査法人 トーマツ
日時:
2017年4月21日(金) 14:00〜17:00 (13:30受付開始)
申込期間:2017年3月27日(月)〜2017年4月20日(木)
 平成29年3月10日、「地方自治法等の一部を改正する法律案」が第193回国会(常会)に提出されました。
 ○法律案名:地方自治法等の一部を改正する法律案
 ○要旨:
地方公共団体等における適正な事務処理等の確保並びに組織及び運営の合理化を図るため、内部統制に関する方針の策定等、監査制度の充実強化、地方公共団体の長等の損害賠償責任の見直し等を行うとともに、地方独立行政法人について、その業務への窓口関連業務等の追加及び適正な業務を確保するための規定の整備を行う等の措置を講ずる。

改正される予定の地方自治法第150条において、都道府県知事及び指定都市の市長に対し、内部統制に関する方針を定め、これに基づき必要な体制を整備することを求めるとともに、方針を策定した長は、毎会計年度少なくとも1回以上、内部統制評価報告書を作成し、監査委員の審査に付し、その意見を付けて、議会に提出し、公表することとされています。
そこで、有限責任監査法人トーマツでは、このような自治体内部統制制度に関する改正法案内容の理解と早い段階からの準備を促すべく、高市早苗総務大臣にご登壇いただく特別講演をはじめとする「自治体内部統制制度の幕開け」と題したセミナーを開催いたします。
第1部では、総務省自治行政局行政課長の篠原俊博様をお招きし、国会に提出された地方自治法等の一部を改正する法律案の概要をご紹介いただくともに、自治体内部統制制度導入の趣旨等についてお話しいただきます。
第2部では、改正法案に基づき平成32年度から導入される自治体内部統制制度について、約3年程度の準備期間において、どのようなことを考え、どのような手順・スケジュールで進めるのがよいか、トーマツの公認会計士が、民間企業とは異なる地方公共団体の特性も踏まえ、そのポイントを解説いたします。
ご多忙とは存じますが、万障お繰り合わせのうえ、ぜひご参加くださいますようご案内申し上げます。

開催概要

会場
〒102-0093 東京都 千代田区平河町2-6-3
参加費 無料
定員 140名
※同業者の方、もしくはお申し込みが定員を超えた場合にはお断りする場合もありますので、ご了承下さい。
対象 経営部門、人事部門、CSR部門の担当者
内容 14:00〜14:05
【開会挨拶】
有限責任監査法人トーマツ 包括代表 觀 恒平
14:05〜14:15
【ご挨拶】
総務大臣 高市 早苗 様
14:15〜15:05
【第1部】
地方自治法等の一部を改正する法律案の概要と地方公共団体における内部統制について
講師:総務省自治行政局行政課長 篠原 俊博 様
15:05〜15:15
質疑応答
15:15〜15:30
休憩
15:30〜16:30
【第2部】
自治体内部統制制度の導入の進め方とポイント
講師:有限責任監査法人トーマツ パートナー 公認会計士 白山 真一
16:30〜16:45
質疑応答
16:45〜16:50
【閉会挨拶】
有限責任監査法人トーマツ パブリックセクター・ヘルスケア事業部長 長村 彌角
内容
詳細資料
備考 受講票はセミナー開催1週間前を目安にお送りいたします

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
セミナー事務局
TEL: 03-6213-1250
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル