2017年度 年金基礎講座(全4回)【大阪】

共催:

日時:2017年7月20日(木)〜2017年10月19日(木)計4回

申込期間:2017年6月19日(月)〜各開催日の7日前

本講座では、企業年金に関する業務の遂行に必要な基礎知識を、少人数のゼミナール形式で学んでいただきます。特に業務に必要な専門用語などの知識や事務処理に役立つスキルといった実務的側面に重きを置き、それらが習得いただけるよう、テーマ設定にも工夫を凝らしてあります。有限責任監査法人トーマツではこれまでも同趣旨の講座をご提供してきましたが、年金実務に関する基礎的な知識を体系的に学べる機会は貴重であると評価をいただいております。

開催概要

会場
〒541-0042大阪市中央区今橋四丁目1-1 淀屋橋三井ビルディング6F 
TEL: 06-4560-6006
地下鉄御堂筋線淀屋橋駅10番出口直結
京阪本線「淀屋橋」駅3番出口から徒歩1分
地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅5-A出口から徒歩6分

参加費 1テーマ1名様:5,000円(税込)
パック割引(お一人あたり3テーマ以上のお申込の場合):4,000円(税込・1テーマお一人あたり)
※全4回のお申込の場合は16,000円(税込)となります。 
定員 30名(定員に達し次第、受付終了とさせていただきます。)
対象 人事部、財務部、経理部、年金基金の業務(もしくはこれらに関連する業務)に従事している方(特に新しく配属された方) 
内容 第1回 退職給付制度の概要
公的年金および私的な退職給付制度に関する全体を概観した上で、退職一時金制度、確定給付企業年金、確定拠出年金などの各種制度の概要・特徴を理解します。
基本的な用語についても学習し、以降のテーマのスムーズな学習にも役立てます。

第2回 企業年金財政の基礎
企業年金にまつわる年金財政の仕組みや考え方を解説し、財政決算報告書に記載されている数値の意味が理解できるよう各項目の内容を説明します。専門用語の紹介に留まることなく、背後の考え方や意味を解説しながら、企業年金の掛金と給付のルールについて学習することで、年金財政上の剰余・不足の発生要因を理解できるようになります。

第3回 退職給付会計の基礎
会計上、負債や費用を認識しなければいけない理由など基本的な内容からスタートし、確定給付型と確定拠出型の制度についても理解を深めます。
費用の構成要素と会計処理の流れを説明し、実際の退職給付会計の処理に必要なデータの収集から、退職給付債務等の計算結果と会計数値の関係を学び、財務諸表への表示・開示までを学習します。

第4回 年金資産運用の基礎
企業年金の運営において避けられない年金資産の運用に関する基礎的な内容を学習します。
資産運用の基本的な知識を前半で学習します。後半では、政策アセットミックスの策定および維持、分散投資効果についての再確認や最新のトピックスにも触れます。各種投資行動を反映したシミュレーション結果などを参照しながら、それぞれの投資行動について理解を深めます。
内容
詳細資料 ご案内状 DownLoad ダウンロード
備考 ※内容等は予告なく変更される場合がありますので予めご了承ください。
※代表の方にお申込みいただき、実際に業務をご担当される方がご自身の担当業務の講座のみを受講いただけます。代理でご受講される場合には当日、受付でお申し出ください。
※発展的な内容のセミナーを10月以降別途開催する予定です。 

お問合わせ

有限責任監査法人トーマツ
セミナー事務局 担当:黒木/中嶋
TEL: 06-4560-6006 
〒541-0042 大阪市中央区今橋四丁目1−1 淀屋橋三井ビルディング