主催:
有限責任監査法人トーマツ
日時:
2017年9月1日(金) 14:30〜16:30
申込期間:2017年7月20日(木)〜2017年8月30日(水)
昨今、厚生労働省による監督方針の厳格化、労働災害の発生やメンタルヘルスの問題、従業員の価値観の多様化等の変化を受け、長時間労働に対する各企業の取組に社会的関心が高まってきました。多くの企業が長時間労働への対応策を講じる中、その適否が採用活動やリテンションにとどまらず、事業活動そのものに重要な影響を与えるまでになっています。
しかしながら、実際には掛け声だけにとどまっていたり、業務改革に取り組むものの、具体的な成果に結びつかない等、必ずしも有効な改善策が講じられず、課題も多いのではないでしょうか。
今回のセミナーでは、働き方を見直す上での着眼点や具体的な進め方に加え、生産性を向上させるうえで重要となる人材育成について、改善のヒントを紹介します。
ご多用のことと存じますが、ぜひご参加くださいますようご案内申し上げます。

開催概要

会場
〒541-0042 大阪府 大阪市中央区今橋四丁目1−1 淀屋橋三井ビルディング
TEL:06-4560-6021
地下鉄御堂筋線淀屋橋駅10番出口直結
京阪本線「淀屋橋」駅3番出口から徒歩1分
地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅5-A出口から徒歩6分
参加費
定員 120名
対象 経営トップ・役員の皆様、経営企画部責任者様、人事部・総務部の責任者様
内容 ・業務改革の必要性と進め方
有限責任監査法人トーマツ 吉岡拓也

・生産性の向上、人材育成の取り組み
トーマツ イノベーション株式会社 コンサルタント 中田太平
内容
詳細資料
備考 1社から2名ご参加いただく場合、お一人ずつのご登録をお願いいたします。同業者の方はお断りする場合がございます。

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
大阪事務所セミナー事務局 担当:中嶋/黒木
TEL:06-4560-6006