主催:
デロイト トーマツ税理士法人
デロイト トーマツ行政書士法人
日時:
2017年8月3日(木) 13:30 〜 16:30 (13:00開場)
申込期間:2017年7月14日(金)〜2017年8月1日(火)※定員になり次第締め切らせていただきます。
昨今、雇用の国際化が進み、日本企業の経営陣に外国人が就任し、外国人従業員を雇用することが珍しいことではなくなってきました。また日本における雇用自体の在り方も変容してきており、コンプライアンスの在り方も複雑になってきました。
日本のイミグレーションについては、出入国管理および難民認定法(以下、「入管法」といいます。)がありますが、入管法の改正は毎年行われており、時に大きな制度変更を伴う改正であったり、新たな罰則規定が制定されるなど、外国人の雇用に対して大きな影響を与える改正も含まれています。しかしながら、外国人の雇用において最も重要な法律である入管法改正が大きく取り上げられることが少ないことから、企業側のアップデートがタイムリーになされてきませんでした。
また、海外から短期出張、企業内転勤や研修で来日する外国人の日本における税金の取り扱いは複雑であり、イミグレーションと併せて対策を講じる必要があります。
本セミナーでは、企業が「今」とるべきコンプライアンス対策を、これまでの法改正をふまえつつ解説し、また、外国人雇用に関する税務に関して、最近の税務の動向や企業がとるべき対策を解説いたします。
ご多用中とは存じますが万障お繰り合わせの上、ご参加いただけますようご案内申し上げます。

開催概要

会場
〒100-0005 東京都 千代田区丸の内3-3-1 新東京ビルディング7階
・JR有楽町駅 国際フォーラム口より徒歩3分
・地下鉄有楽町駅 D5出口より徒歩3分
・地下鉄千代田線 二重橋前駅 出口1より徒歩2分
・JR京葉線 東京駅B1F 地下コンコース出口6より連絡
・JR東京駅 丸の内南口より徒歩5分
新東京ビル1F、鍛冶橋通り側6基のエレベーターをご利用いただき、7Fへお越しください。
参加費 無料
定員 120名
対象 外国人を雇用している日本企業、外資系企業の人事・経理・経営企画のご担当者
内容 ■プログラム
1. Global workforceとは?
2. 昨今の入管法改正
3. 外国人駐在員とコンプライアンス
4. ローカル人事とコンプライアンス
5. グローバルにおけるコンプライアンスモデルのあり方

■講師
デロイト トーマツ行政書士法人 代表社員 木島 津
デロイト トーマツ税理士法人 グローバル エンプロイヤー サービス パートナー 川井 久美子

※テーマと順番は変更になる可能性がございますことをご了承ください。
内容
詳細資料
備考 ※お席に限りがあるため、原則1社2名様までとさせていただきます。
※同業者の方は、お断りする場合がありますのでご了承下さい。
※申込多数の場合には1社あたりの人数を限らせていただくことをあらかじめご了承ください。

お問い合わせ

セミナー運営事務局(デロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社)
TEL:03-6684-6162、または03-6213-3800(代表)
東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル5階