主催:
有限責任監査法人トーマツ
日時:
2017年11月15日(水)〜2017年12月14日(木)(全10テーマ)
申込期間: 2017年8月1日(火)〜各開催日の1週間前
本講座は、経理ご担当者を中心とした管理部門の方々を対象に、会計の基礎的な知識を学習しながら、会計基準の本質に立ち返って考える力の向上を目的としております。決算業務を遂行するためのポイントを体系的に習得いただけるよう、特に重要度の高い10のテーマにて開催いたします。

開催概要

会場
〒810-0001 福岡県 福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラ 11F
TEL:092-286-1943
・地下鉄「天神南駅」より徒歩1分
・地下鉄「天神駅」より徒歩7分                            
・西鉄「福岡駅」より徒歩3分
※お車でお越しの方は、近隣の駐車場等をご利用ください。
参加費 1テーマごと: お一人様  8,000円(税込)⇒5,000円(税込)
定員 40名
対象 ・基礎的な経理知識はあるものの実務経験が浅い経理担当者の方 ・新しく経理担当部署に配属された方 ・経理内のジョブ・ローテーションにより新たな科目担当者となった方 ・会計について概括的に短時間で習得したい、経営企画・内部監査等の部署の方
内容 <11月15日(水) 9:30〜12:30  棚卸資産会計の基礎  <ベーシックコース>>
◆ 「棚卸資産の評価に関する会計基準」について、全体概要を解説いたします。
「通常の販売目的で保有する棚卸資産の評価」のポイントについて学習いたします。


<11月15日(水) 13:30〜16:30 連結決算の基礎  <ベーシックコース>>
◆連結の範囲、連結決算の手順の全体概要を解説いたします。
特に「連結修正作業の基礎」について学習いたします。


<11月22日(水) 9:30〜12:30  固定資産の減損会計の基礎  <ベーシックコース>>
◆ 固定資産の減損に係る会計基準で記されている「固定資産の減損会計」の全体概要を解説いたします。
特に減損会計の一般的な流れに沿って減損会計のポイントについて学習いたします。


<11月22日(水) 13:30〜16:30 固定資産の減損会計の実践  <アドバンストコース>>
◆減損会計の手順で最終段階にある認識・測定の実務処理について、回収可能額の算定等基準・指針等の処理を学習します。
具体的には減損会計の手順に即し、将来キャッシュ・フローの見積計算、割引率の捉え方、減損損失の資産グループへの配分の他に、のれんの減損処理、グルーピングの注意点や本社費の配賦にまで言及します。


<11月29日(水) 9:30〜12:30  連結決算気亮汰  <アドバンストコース>>
◆連結決算における重要論点である連結の範囲・資本連結について、基準・指針等の処理を学習します。
具体的には連結の範囲については、所有割合、判定手順を学習します。資本連結については、開始仕訳、取得、売却、子会社の増減資まで言及します。


<11月29日(水) 13:30〜16:30 連結決算兇亮汰  <アドバンストコース>>
◆連結決算における重要論点である債権債務の消去・未実現損益の消去について、基準・指針等の処理を学習します。
具体的には債権債務及び未実現損益の消去について、具体的な科目別(貸倒引当金、棚卸資産、固定資産等)の会計処理基準の他、消去対象額の確定に関する実務的なポイントにも言及します。


<12月12日(火) 9:30〜12:30  キャッシュ・フロー計算書作成基礎 <ベーシックコース>>
◆ 連結財務諸表におけるキャッシュ・フロー計算書等の作成基準、連結財務諸表等におけるキャッシュ・フロー計算書の作成に関する実務指針に示されているキャッシュ・フロー計算書の意義、記載事項の概要を解説いたします。特にキャッシュ・フロー計算書の区分として、営業活動によるキャッシュ・フローの表示方法について間接法、作成方法としての簡易法の基礎について学習いたします。


<12月12日(火) 13:30〜16:30 決算と開示(短信、計算書類、有価証券報告書)の基礎  <ベーシックコース>>
◆決算制度について、背景となっている制度別に全体概要を解説いたします。特に「効率的な関係書類作成」に関するポイントを学習いたします。


<12月14日(木) 9:30〜12:30  税効果会計の基礎  <ベーシックコース>>
◆ 税効果に関する会計基準をベースに税効果会計の意義を中心に解説いたします。
特に税効果会計の一般的な流れに沿って税効果の処理のポイントを学習いたします。


<12月14日(木) 13:30〜16:30 税効果会計の実践  <アドバンストコース>>
◆税効果会計における重要論点である繰延税金資産の回収可能性について、スケジューリング等基準・指針等の処理を学習します。
具体的には繰延税金資産の回収可能性について、回収の意義、回収可能性の検討の基本的な考え方、回収可能性の検討手順、回収可能性の見直しに加えて、有価証券、役員退職引当金まで言及します。
内容
詳細資料
備考 Webでお申し込みいただきましたら、請求書をお送りします。
入金確認後、セミナー開催1週間前頃にメールで受講票をお送りいたします。受講票を受付でご提示下さい。
筆記用具・電卓をお持ち下さい。

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
セミナー事務局 松岡(マツオカ)、塚本(ツカモト)
TEL:092-286-1943FAX:092-751-1035
福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラ