CSR/ESG情報開示セミナー

〜最新動向と活動事例〜

共催:

日時:2017年12月19日(火)

申込期間: 2017年11月13日(月)〜2017年12月15日(金)

有限責任監査法人トーマツでは、毎年ご好評をいただいております「CSR・環境報告書トレンドセミナー」を今年も開催いたします。近年のESG(環境・社会・ガバナンス)情報開示への機関投資家等の関心の高まりを受け、今年は「CSR/ESG情報開示セミナー」と名称を改めました。
今回のセミナーでは、CSR、ESG、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)といった最近のトピックスに関する動向や先進事例とともに、これらに対して企業が戦略的に対応するためのポイントを紹介します。また、先進企業のサプライチェーンへの展開の方法とともにそれらを見える化する先進的な取り組み事例も紹介します。
ご多用とは存じますが、是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。

開催概要

会場
東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル7F

参加費 1名様 9,000円(税込)※ご請求書はセミナー終了後2週間以内に郵送にてお送りします。 
定員 100名 (定員になり次第、受付終了)
対象  
内容 13:30〜13:35 ご挨拶
有限責任監査法人トーマツ パートナー 達脇 恵子

13:35〜15:05 1. 2017年CSR/ESG情報開示トレンド
最近のCSR/ESGに関する動向に加え、2017年に発行された各社CSR・環境報告書から、次年度の取組みや報告書作成に参考となるようなCSR/ESGのトレンド、活動を含めた最新事例を紹介します。
有限責任監査法人トーマツ シニアマネジャー 奥村 剛史

15:05〜15:20 休憩

15:20〜16:10 2. ESG評価に関するトレンド及びそのトレンドに対して企業はどのように対応すべきか
ESG評価に関する最近のトレンド及び企業がどのようにして戦略的にESGに取り組むかについての視点を紹介します。
有限責任監査法人トーマツ マネジャー 瓜生 務

16:10〜17:00 3. サプライチェーンへ拡大するCSR展開の動向と事例
外部機関によるCSR評価や英国近代奴隷法への対応など、サプライチェーンへのCSRテーマの展開は実施のみならず開示が求められるようになってきています。先進企業のサプライチェーンへの展開の方法とともにそれらを見える化する先進的な取り組み事例を紹介します。
有限責任監査法人トーマツ マネジャー 塚本 奈穂子
内容
詳細資料 ご案内状 DownLoad ダウンロード
備考  

お問合わせ

有限責任監査法人 トーマツ
セミナー事務局
TEL: 03-6213-1515 
東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル