主催:
有限責任監査法人 トーマツ
日時:
2018年1月19日(金)
申込期間: 2017年12月14日(木)〜2018年1月17日(水)
不正会計やコンプライアンス違反など、業種を問わず、企業の不祥事は絶えません。また、企業活動のボーダーレス化、新たな法律の制定や規制の強化等、企業を取り巻く環境の変化に伴い、企業が直面するリスクはますます多様化し、複雑化していると言えます。このような環境下において、リスク検知精度の向上、リスク管理の効率化が求められてきています。従来のサンプリングによる内部監査や、数年に一度のリスク分析では十分な対応とは言えなくなってきています。
今回のセミナーでは、現状のリスク管理の課題とそれに対応するテクノロジーを活用したリスク管理について最新の活用事例とデモンストレーションを交えながら分かりやすく解説します。また、リスク管理におけるアナリティクスの迅速な導入を実現する方法を、有限責任監査法人トーマツのサービスを例にご紹介します。
ご多用とは存じますが、是非この機会にご参加下さいますようご案内申し上げます。

開催概要

会場
〒103-0028 東京都 東京都中央区八重洲1-3-7八重洲ファーストフィナンシャルビル2F
「日本橋駅」A7出口直結 (東西線・銀座線・浅草線)
「東京駅」八重洲北口 徒歩3分(JR線・丸ノ内線)
参加費 無料
定員 150名 ※ 同業他社の方、および個人の方のお申込はお断りさせていただく場合がございます。
対象 経営企画部門、財務管理部門、内部監査部門、リスク管理部門の責任者様・担当者様
内容 14:00〜14:05
ご挨拶

14:05〜14:30
リスクが多様化・複雑化する状況においては、従来のサンプリングによる内部監査や、数年に一度のリスク分析では、網羅性や継続性の観点からリスクへの対応が不十分となる可能性があります。
本パートでは現状のリスク管理の課題とそれを解決するためのアナリティクス等のテクノロジーの活用についてご紹介します。

14:30〜15:30
リスク管理におけるデータ活用事例の紹介
経営企画部門、財務管理部門、内部監査部門等において、昨今注目されることが増えてきている海外子会社の不正会計リスクに対し、アナリティクス等のテクノロジーの活用により網羅的かつ効率的に対応していく方法や、不正取引の検知機能強化のためのテクノロジーの活用の現状について、具体的な事例やデモンストレーションを交えて分かり易く解説します。

15:30〜15:45
休憩

15:45〜16:25
国内監査法人初クラウドベースのリスク分析サービスの紹介
データを活用したリスク管理の課題を解決するクラウドベースのリスク分析サービスについて、子会社分析と経費・労務分析を例に、利用するメリット、デロイトの知見を集約したリスクシナリオや、その活用方法について具体的にご紹介します。

16:25〜16:40 質疑応答
内容
詳細資料
備考 受講票はセミナー開催1週間前を目安に送付いたします。

お問い合わせ

有限責任監査法人 トーマツ
セミナー事務局
TEL: 03-6213-1515
東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル
(受付時間) 平日 9:30〜17:00