主催:
デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー株式会社
ジョーンズ・デイ法律事務所台北オフィス
日時:
2012年10月18日(木)14:00〜17:00 (開場13:30)
申込期間:2012年10月4日(木)〜2012年10月18日(木)
この度、トーマツではジョーンズ・デイ台北事務所及びDeloitte台湾のファイナンシャルアドバイザリー部門のメンバーを迎え「中国投資緊急セミナー」を開催いたしますので、ご案内申し上げます。
本セミナーでは、中国と隣接し密接な経済交流を行っている台湾の事例を通じ、対中国投資の新しいゲートウェイとしての台湾の活用と、中国からの投資撤退事例の分析等を通じた中国投資の進退双方向のメリット・デメリットを総合的に理解できるプログラムを構成しております。
本セミナーは、現在の日中関係に対応するための緊急セミナーとなります。中国投資・進出を検討されている企業の皆様、また既に中国進出を果たした企業におかれましては今後の中国展開方針のご参考の場として、是非この機会にご参加いただければ幸いです。

開催概要

会場
〒100-0005 東京都 千代田区丸の内3−3−1
TEL: 03-6213-1180
参加費
定員 40名
対象
内容 ・ 日本V.S.台湾:戦略的パートナーシップ
・ 中国投資からのExit
中国投資Exitの留意点/台湾企業のExit事例紹介

Taiwan as Japan’s New Gateway to China and More
中国投資のパートナーとしての台湾/台湾企業とのコラボレーション成功事例紹介/
台湾経由による中国投資のメリット
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー株式会社
セミナー事務局
TEL:03-6213-1180FAX:03-6213-1085
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル