主催:
有限責任監査法人トーマツ/EMCジャパン株式会社
日時:
2018年3月13日(火) 15:00〜17:00
申込期間: 2018年2月13日(火)〜2018年3月12日(月) 17:00
M&Aやグローバル化によって企業が成長を続けていくには、自社だけでなく子会社・グループ会社も含めたガバナンス体制を確立・発展させることが重要です。しかしながら現実にはリスク管理やコンプライアンスを含むガバナンス体制が十分には確立されておらず、結果的な「各社任せ」になっている場合もあります。グループ会社に権限を委譲することも重要ですが、一方でどのようにガバナンスを効かせるのかは重要な課題です。加えて、自社グループ内だけではなく、調達先や販売先、フランチャイズなどに不正や不祥事が発生した場合であっても、自社のブランドや評判に与える影響は以前より大きくなっています。
本セミナーでは企業グループのガバナンスをテーマにその課題と有効なソリューションについてご紹介いたします。

開催概要

会場
東京都 東京都千代田区丸の内3丁目5-1
参加費 無料
定員 50名 ※ 同業他社、および個人の方のお申込はお断りさせていただく場合がございます
対象
内容 15:00〜15:10
ご挨拶

15:10〜16:00
企業グループに求められるGRC ガバナンス・リスク・コンプライアンス
昨年は本社以外で発生した不正・不祥事がグループ全体に多大な影響を与えた事例が散見されました。グループ会社を多数持つ企業の課題を整理したうえで、解決策の一つとしてのインフラの共通化について、また、共通化すべきインフラ(方針、プロセス、組織、各種制度、情報など)は何か、どのように進めていくのかについて解説します。

16:00〜16:10
休憩

16:10〜16:50
テクロノジーを活用したサードパーティリスク管理 〜グローバル先端企業の事例を踏まえて〜
グループガバナンスを考える際には、グループ会社だけではなく 委託先や再委託先などのサードパーティのリスクをマネジメントすることが重要となります。本パートでは、グローバル先端企業 の事例を踏まえながら、サードパーティリスク管理のポイントについて解説します。

16:50〜
質疑応答
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

有限責任監査法人 トーマツ
セミナー事務局
TEL: 03-6215-1515
東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル
(受付時間)平日9:30〜17:00