主催:
デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
フレッシュフィールズブルックハウスデリンガー法律事務所
日時:
2018年3月28日(水) 15:00〜18:20
申込期間: 2018年3月6日(火)〜2018年3月26日(月)
我が国企業にとって海外事業に係る有効な紛争解決手段として、国際仲裁を利用するケースが増加しています。そして、国際仲裁を利用する重要な目的の一つは、相手方の契約違反等により生じた損害を回復すること(または相手方の不合理な損害賠償請求に対し防御すること)です。国際仲裁においては、大規模な損害が議論となることが珍しくありませんが、損害立証のプロセスにおいては、専門家意見書や証言が一般的に用いられるなど、我が国の国内訴訟と比べて、実務プロセスが異なります。本セミナーでは、我が国ではあまり紹介されることのない、国際仲裁における損害立証の実務や、専門家の活用方法などについて、実務経験豊富な弁護士、および専門家がわかりやすく解説します。

※本セミナーは英語での講演(同時通訳なし)のセッションが含まれます。

開催概要

会場
東京都 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル7F
TEL: 03-6213-1180
参加費 無料
定員 60名
※参加者1社につき2名様までとさせていただきます。
※同業者の方、もしくはお申し込みが定員を超えた場合にはお断りする場合もございます。
※ご好評につき申し込み多数の場合は、抽選とさせていただく場合がございます。予めご了承ください。
対象 経営企画部門、法務部門、海外事業部門、コンプライアンス部門の役員、責任者、担当者様向け
内容 15:00〜15:10 開会のご挨拶
デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社 池谷 誠

15:10〜15:40 【国際仲裁を通じた損害賠償請求の基礎知識】
フレッシュフィールズブルックハウスデリンガー法律事務所 Daniel Allen氏
※本セッションは英語での講演(同時通訳なし)となります

15:40〜16:30 【グローバル商事紛争に係る損害立証】
デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社 池谷 誠

16:30〜17:00 コーヒーブレイク

17:00〜18:00 【国際仲裁を通じた損害賠償請求の基礎知識(続)】
フレッシュフィールズブルックハウスデリンガー法律事務所
Joaquin Terceño氏 / Daniel Allen氏
※本セッションは英語での講演(同時通訳なし)となります

18:00〜18:20 質疑応答
内容
詳細資料
備考 ※講演テーマ・講師は変更となる場合がございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
セミナー事務局
TEL: 03-6213-1180
東京都千代田区丸の内3丁目3番1号 新東京ビル