主催:
有限責任監査法人 トーマツ
日時:
2018年6月7日(木)〜2018年6月8日(金) 計6回
申込期間: 2018年3月29日(木)〜2018年6月5日(火)
本セミナーは内部監査部門へ配属された初心者の方、財務・経理等の知識がない方から、内部監査実務に精通された方、
内部監査部門の管理者・責任者等まで、幅広くご参加いただき、毎年実施しております。今回は「基礎編」と「上級編」の2コースをご用意し、受講者にニーズやレベルに応じ、テーマ単位でお申込みいただけます。
「基礎編」は、内部監査経験が浅い等、内部監査実務に係る基礎的な知識及び実務の理解を図りたいとお考えの方を受講対象者として設定しており、新入内部監査部員への研修にも最適といえます。内部監査の全体像を理解するための基礎概論、近年多くの企業が実施しているリスクマネジメントの取り組みに期待される内部監査部門の役割、今日の内部監査では不可欠な情報システム監査について、解説いたします。
「上級編」は、内部監査部門の管理者や責任者の方々などの内部監査経験が豊富な方々にも聴講していただけるよう、内部監査の高度化をテーマに、「データを活用した内部監査技法」、「海外子会社の内部監査」、「経営者に評価される内部監査」の3講座をご用意しました。
講師は実務経験豊富なトーマツの内部監査専門家が解説いたします。内部監査部門へ配属されたばかりの方たちへの基礎研修のアウトソース先として、また、経験ある内部監査部門の方々への継続的専門教育の一環として、ぜひ当セミナーをご活用ください。

開催概要

会場
大阪府 大阪府大阪市中央区今橋四丁目1−1 淀屋橋三井ビルディング
TEL: 06-4560-6006
参加費 .僖奪受講割引コース6/7の3テーマ :お一人様につき 10,000円(税込み)6/8の3テーマ :お一人様につき 10,000円(税込み) 個別受講コース1テーマにつき 5,000円(税込み)
定員 各テーマ100名(テーマ毎に定員に達し次第、締め切ります)
対象 内部監査部門に配属されて間もない方、財務・経理のご経験がない方、内部監査部門で実務をある程度経験された方、管理者・責任者の方 など
内容 6月7日(木)【基礎編】
‘睇監査の基礎概論
内部監査について、その目的や機能、監査の種類、基本的な業務の流れ等、内部監査の全体像について解説いたします。

▲螢好マネジメントと内部監査
近年多くの企業が取り組んでいるリスクマネジメントを概観し、内部監査に期待される役割や、リスクマネジメントを活用した監査テーマ設定といった監査例を解説いたします。また、事業継続計画(BCP)の内部監査の実施例についても触れます。

情報システムの監査
財務報告に係る内部統制の基礎となる情報システムについて、管理業務の流れと管理のポイント、管理手続及び管理業務の内部統制を検証するための監査手続の例を解説いたします。

6月8日(金)【上級編】
.如璽燭魍萢僂靴親睇監査技法
監査対象が拡大・複雑化する中で、監査リソースを効率的に使いかつ有効性の高い内
部監査を実現するツールとして、各種データを用いた監査手法が注目されています。
情報システムに蓄積している大容量の電子データを有効利用した、CAAT およびアナリティクスの概要と監査への導入ポイントについて解説します。

海外子会社の内部監査
海外子会社の監査は、距離、時差、言語、法制度、文化、習慣等の海外固有の障壁が存在するため、十分に実施できていない企業が少なくありません。海外子会社内部監査の実務上の留意事項などを解説いたします。

7弍勅圓防床舛気譴詁睇監査
近年経営者の内部監査への要求がますます高度になる中で、内部監査の効率化・高度化や、経営者の関心事を対象とした監査、経営者の改善指示を引き出す報告など、内部監査が評価されるために取り組むべきポイントについて解説いたします。


内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

有限責任監査法人 トーマツ
大阪事務所 セミナー事務局 中嶋/黒木
TEL: 06-4560-6006
大阪府大阪市中央区今橋四丁目1−1 淀屋橋三井ビルディング