主催:
有限責任監査法人 トーマツ
日時:
2018年5月10日(木) 13:15〜16:20
申込期間: 2018年4月6日(金) 9:00〜2018年5月9日(水) 21:00
 統一的な基準による地方公会計制度の導入初年度を終えました。これから毎年、複式簿記による財務書類を作成して公表していくこととなりますが、今後は、日常業務への定着化を図って作業負担を軽減するとともに、地方公会計の活用についても本格的に取り組んでいく必要があります。このような状況の中で平成29年10月から平成30年3月にかけて、総務省では「地方公会計の活用の促進に関する研究会」が開催され、財務書類の作成や活用に関して議論されました。
 地方自治体の皆様におかれましては、導入初年度の対応を終えたものの、今後の継続的な財務書類の作成及び活用について不安に感じていらっしゃる方も少なくないと思われます。 そこで有限責任監査法人トーマツでは、今後の財務書類作成の効率化、早期化や財務情報を活用した取り組みを進めるにあたっての課題を克服できるよう、「意義のある財務書類の作成と活用を行うために」と題したセミナーを開催します。
 第1部では、総務省 自治財政局 財務調査課長の山越 伸子氏をお招きし、統一的な基準による地方公会計の推進に関する最新動向についてお話しいただきます。
 第2部では、冒頭にて総務省「地方公会計の活用の促進に関する研究会」委員の小室 将雄が、研究会報告書のポイント等についてご紹介します。その後、「財務書類のより正確かつ効率的な作成と、活用に向けた課題と対応について」、地方公会計に関する実務経験豊富な公認会計士が解説します。この中では、仕訳作業の効率化や固定資産台帳の円滑な更新、作成された財務書類の正確性のチェック方法など、財務書類の質を向上し、かつ業務負担を軽減するための方策並びに、作成した財務書類をどのように利用していくか、予算編成やその他の課題解決にどのように活用していけるのか、また活用を実現させるには、体制整備やシステム更新などどのような課題が存在するかについて取り上げます。
 ご多用とは存じますが、お繰り合わせのうえ、ぜひご参加くださいますようご案内申し上げます。

開催概要

会場
〒100-0006 東京都 東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル 北館17階
・ JR山手線 有楽町駅 日比谷口から徒歩1分
・ 有楽町線 有楽町駅、千代田線・日比谷線・三田線
日比谷駅A3出口から有楽町電気ビル地下1F直結
参加費 無料
定員 150名
対象 地方公共団体、一部事務組合の地方公会計作成・活用ご担当者様
内容 13:15〜13:20【ご挨拶】
有限責任監査法人トーマツ パブリックセクター・ヘルスケア事業部長 長村 彌角

13:20〜14:10【第1部】
統一的な基準による地方公会計の最新動向について
 講師:総務省 自治財政局 財務調査課長 山越 伸子 氏

14:20〜16:20【第2部】
イントロダクション
 講師:総務省「地方公会計の活用の促進に関する研究会」委員
    有限責任監査法人トーマツ 公認会計士 小室 将雄

財務書類のより正確かつ効率的な作成と、活用に向けた課題と対応について
 講師:有限責任監査法人トーマツ 公認会計士
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

有限責任監査法人 トーマツ
セミナー事務局
TEL: 03-6213-1515
東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル