ガバナンス実務対応セミナー

〜コーポレートガバナンス・コードの改訂と対話ガイドラインを踏まえ〜

共催:

日時:2018年5月30日(水) 14:00〜17:00

申込期間: 2018年4月12日(木) 9:30〜2018年5月28日(月) 17:00

コーポレートガバナンス・コード(以下、「コード」という)が2015年6月に施行され早3年が経過しました。
 先日、はじめてのコード改訂とともに、投資家と企業の対話ガイドライン(以下、「対話ガイドライン」という)が提言され、2018年6月には実施される予定です(いずれもパブリックコメントを経て2018年6月を目途に実施予定)。
コードの改訂項目は多岐にわたりますが、コードの項目は1つ1つが独立しているのではなく、今回の改訂項目も「中長期の企業価値の向上」という目的のもと相互に関連しています。また、コードの改訂項目に対応する形で対話ガイドラインが策定され、機関投資家と企業の対話において重点的に議論することが期待されています。そのため、中長期の企業価値向上に向けた一連のストーリーとして、コードの改訂項目の関連性を意識した説明責任が果たせるよう、改訂事項の個別対応にとどまらない実務での取組み方針を検討することが求められます。
 本セミナーでは、デロイト トーマツのプロフェッショナルが、今回のコード改訂や対話ガイドライン公表の趣旨を踏まえて、企業の実務担当者の方が、どう取締役会や経営陣に説明し、企業としてどう取り組むべきかを具体的に解説いたします。

開催概要

会場
〒100-0006東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル 北館17階
・ JR山手線 有楽町駅 日比谷口から徒歩1分
・ 有楽町線 有楽町駅、千代田線・日比谷線・三田線
日比谷駅A3出口から有楽町電気ビル地下1F直結

参加費 無料 
定員 80名
対象 経営企画 / 法務 / 取締役会事務局 / 広報・IR / 総務 などの実務対応責任者様 
内容 14:00〜14:10 はじめに
14:10〜14:40 コード改訂を踏まえた開示と対話
14:40〜15:10 経営環境の変化に対応した経営判断
15:10〜15:40 経営者報酬と指名報酬委員会(役員報酬・CEOの選解任・育成等)
15:40〜15:50 休憩
15:50〜16:20 取締役会・監査役の機能発揮、政策保有株式
16:20〜16:50 企業年金のスチュワードシップ活動
内容
詳細資料 ご案内状 DownLoad ダウンロード
備考  

お問合わせ

有限責任監査法人 トーマツ
セミナー事務局
TEL: 03-6213-1515 
東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル