主催:
有限責任監査法人 トーマツ
日時:
2018年7月2日(月) 14:00〜17:00
申込期間: 2018年5月22日(火) 9:00〜2018年6月29日(金) 17:30
 近年、企業を取り巻く経営環境は大きく変貌をとげています。激しい環境変化の中で適切な意思決定を行っていくために、経営の見える化ツールでもある予算管理の重要性はますます高まってきています。しかしながら、業務がルーティン化し、経営の実態を鋭く表せていない、大量のデータを扱うにも関わらずシステム化できていないなど、課題は多岐にわたり、企業における予算管理は経理や経営企画担当者の頭を悩ませているテーマの一つです。
 このたび、有限責任監査法人トーマツでは、現状の予算管理業務に課題を感じている方を対象に、自社戦略に沿った「自社オリジナル」の予算管理の仕組み構築と、業績評価指標(KPI)への落とし込みを通じた効果的な運用をテーマとしたセミナーを企画しました。今回はあるべき予算管理のあり方に加え、その効果を最大限に引き出すという観点から、業績評価指標(KPI)との連携についてご紹介します。
 本セミナーは、以前に開催したセミナーをブラッシュアップしたものとなります。大変ご好評をいただき皆様からのご要望も踏まえて、装いも新たに再び開催することとなりました。

開催概要

会場
〒100-0006 東京都 東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル 北館17階
参加費 無料
定員 40
対象 次のような経営上の課題をお持ちの中堅企業の経営者や経営企画・財務経理責任者、担当者の方を対象としています。
・予算管理業務を長年見直しておらず、自社の現状に合わせた制度の見直しが必要だと感じている
・予算編成はしているものの、中期経営ビジョンや中期経営計画と乖離していると感じている
・予実差異分析結果が具体的なアクションに繋がっておらず、PDCAサイクルが回っていない
内容 ・戦略とリンクしたあるべき予算管理制度とはどのようなものか、経営上どのように有効なのか、問題のある事例と比較しながら解説します
・あるべき予算管理制度を実現するために、具体的にどのような手順で進めていけばよいか、どのような留意点があるのか、その検討ステップとポイントについて紹介します
・予算管理制度の効果を最大限に引き出すために、業績評価指標(KPI)との連携について、その見出し方を中心に紹介します
※ 演習やグループディスカッションを交えて進行します
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

有限責任監査法人 トーマツ
セミナー事務局
TEL: 03-6213-1515
東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル