主催:
有限責任監査法人 トーマツ
日時:
2018年10月22日(月) 13:30〜18:00
申込期間: 2018年9月26日(水) 〜2018年10月18日(木)
昨今、医療業界においても「働き方」が大きな検討テーマとなっており、「働き方改革」という言葉が世の中をにぎわせております。医療スタッフが高いモチベーションを持ちながら健康的、持続的に働けるということは質の高い医療サービスの提供に繋がり、医療経営にとって非常に重要であると言えます。
このたび開催するセミナーにおきましては、従来の「働き方改革」という言葉や既存のアプローチではなぜ限界があると考えているのか、また、医療機関で働く人が高いモチベーションを持ち健康的、持続的に働くためにはどういった視点や取り組みが本当の意味で有用かという点について、医療機関及び学識者、有識者等を交えながら検討したいと考えております。
ご多忙とは存じますが、お繰り合わせのうえ、ぜひご参加くださいますようご案内申し上げます。

開催概要

会場
〒100-0006 東京都 千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル 北館17階
参加費 1名様 10,000円(税込)
※請求書は開催後に発行いたしますので、指定口座宛てにお振込みをお願いいたします。
定員 100名
※同業者、個人の方、もしくはお申し込みが定員を超えた場合にはお断りする場合もありますので、ご了承ください。
対象 医療機関の理事長・病院長クラスの方
内容 13:30〜13:40 <ご挨拶>デロイト トーマツ グループが考える、医療機関における従来の働き方改革の限界と、これからの検討の視点
有限責任監査法人トーマツ パートナー 竹内 友之

13:40〜14:20 <主催者講演>
・日本の医療機関における健康経営やコラボヘルスから考える働き方
・海外の医療機関での働き方に関する課題への取り組みと日本への示唆
有限責任監査法人トーマツ シニアマネジャー 折本 敦子グレイス、シニアマネジャー 波江野 武

14:20〜15:10 <基調講演>医療機関で実施されている健康経営事例
東京大学 特任教授 尾形 裕也氏

15:25〜16:00 <外部セッション 箘緡典ヾ悗砲ける、働き方を実感を持って変えるためのテクノロジーを活用した業務改善アプローチ例
大手IT企業 マネジャー

16:00〜16:30 <外部セッション◆箘緡典ヾ悗砲ける、制度面、体制面等の幅広い取り組みを通じての働き方および勤務環境の改善事例
社会医療法人ペガサス 理事長 馬場 武彦 氏

16:40〜17:35 <パネルディスカッション>
・優秀な人材確保・人材の定着化・生産性向上などに向けて、医療機関が持つべき視点とは
・2030年を見据えて、今から何をするべきか
有限責任監査法人トーマツ パートナー 竹内 友之、シニアマネジャー 折本 敦子グレイス、シニアマネジャー 波江野 武
東京大学 特任教授 尾形 裕也氏
社会医療法人ペガサス 理事長 馬場 武彦 氏

17:35〜18:00 質疑応答
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

有限責任監査法人 トーマツ
セミナー事務局
TEL: 03-6213-1515
東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル
※Webよりお申し込みができない場合は、セミナー事務局までご連絡ください。