主催:
デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
日時:
2018年11月2日(金) 13:00〜18:00
申込期間:2018年10月31日(水) 17:00まで
さて、当社では、11月2日にデロイトグループの各国インフラ担当専門家を招いて、当社事務所にてグローバルインフラ・PPP市場の直近動向に関するセミナーを開催する予定です。

当セミナーでは、政権主導で100兆ドルを超えるインフラ整備計画を発表している米国や、日中両政府にて協力形態を模索する一路一帯構想など、本邦企業様に今後投資機会が増加することが見込まれる地域を中心に、各地域の担当リーダーより直近の市場動向や政策動向、案件パイプラインのご紹介や本邦企業様にとって市場参入する上での課題等について、現地の実務経験を踏まえた上でご紹介させて頂く予定でございます。

また、当セミナーでは、国際協力機構様より、途上国ファイナンスの現状に加えて、途上国支援の民間ファイナンスツールである海外投融資制度に関し、直近の運用状況や取組方針についてもご案内頂く予定でございます。

尚、各プログラム終了後に18時まで名刺交換のお時間も設ける予定でございますので、是非ご関心のある領域の講師と直接意見交換頂ければと存じます。

※本セミナーは英語での講演(同時通訳あり)となります。

開催概要

会場
東京都 千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル7F
参加費 無料
定員 100名
対象 部門責任者・実務担当者様向け
内容 13:00-13:30 セミナー開催にあたって

13:30-14:30
【米国インフラ・PPP市場について】

14:30-15:30
【中国・一路一帯構想について】

15:30-15:45 休憩

15:45-16:30
【途上国ファイナンスの現状と国際協力機構の海外投融資制度における取組】

16:30-17:30 パネルディスカッション

17:30-17:40 閉会挨拶

17:40-18:00 名刺交換
内容
詳細資料
備考 ※講演テーマ・講師は変更となる場合がございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
セミナー事務局
TEL: 03-6213-1180
東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル