主催:
有限責任監査法人 トーマツ
日時:
2019年2月1日(金) 14:00〜16:00
申込期間:2018年12月13日(木) 10:00〜2019年1月31日(木) 17:00
我が国においては、企業会計原則の損益計算書原則に、「売上高は、実現主義の原則に従い、商品等の販売又は役務の給付によって実現したものに限る。」とされているものの、収益認識に関する包括的な会計基準はこれまで開発されていませんでした。しかしながら、2018 年3月30 日に企業会計基準第29号「収益認識に関する会計基準」及び企業会計基準第30号「収益認識に関する会計基準の適用指針」が公表され、2021年4月1日以後開始する事業年度から適用することとなりました。
有限責任監査法人トーマツでは、これらの公表を踏まえ、「収益認識に関する会計基準」導入に伴う金融機関の財務諸表及び経理実務への影響について」と題したセミナーを開催いたします。
ご多用とは存じますが、ぜひご参加くださいますようご案内申し上げます。

開催概要

会場
大阪府 大阪市中央区今橋四丁目1−1 淀屋橋三井ビルディング
参加費 無料
定員 40名
※同業者の方、個人の方、お申し込みが定員を超えた場合にはお断りする場合もありますので、ご了承ください。
対象 地域金融機関の経理部門及び経営企画部門の皆様
内容 14:00〜15:30 収益認識に関する会計基準等の概要と金融機関の財務諸表及び経理実務への影響
15:30〜16:00 質疑応答
内容
詳細資料
備考 受講票は開催1週間前を目途に事務局よりメールでお送りいたします。

お問い合わせ

有限責任監査法人 トーマツ
大阪事務所 セミナー事務局 担当:黒木・中嶋
TEL:06-4560-6006
大阪府大阪市中央区今橋四丁目1−1 淀屋橋三井ビルディング