主催:
有限責任監査法人 トーマツ
日時:
2019年5月14日(火) 15:00〜17:00
申込期間:2019年4月1日(月) 9:00〜2019年5月13日(月) 17:00
2018年6月に「働き方改革関連法(長時間労働の是正、同一労働同一賃金等)」が成立し、2018年12月には外国人労働者の受け入れ範囲を拡大する「出入国管理及び難民認定法(入管法)改正案」が成立しました。さらに今後は、職場のパワーハラスメントを防止する措置を企業に義務付ける法整備等も検討されています。この背景には、労働人口の減少や労務コンプライアンスに対する社会的関心の高まりから、企業が必要な労働力を確保し、持続的に成長していくためには、「多様で柔軟な働き方の実現」、「多様な人材の活用」および「雇用形態に関わらない公正な待遇の確保」等が必要不可欠な取組みとなっていることがあげられます。
  このような法改正の動向を踏まえ、現在多くの企業では、働き方の見直しに向けた取組みが行われていますが、労働時間やハラスメント等に関する労使トラブルは依然高止まりしている状況にあります。
そこで、有限責任監査法人トーマツでは、「近年の労働法改正の方向性と労務リスクマネジメントの在り方」に関するセミナーを、以下の要領にて開催する運びとなりました。
ご多用とは存じますが、お繰り合わせのうえ、ぜひご参加くださいますようご案内申し上げます。

開催概要

会場
〒541-0042 大阪府 大阪市中央区今橋4丁目1-1 淀屋橋三井ビルディング
参加費 無料
定員 80名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
対象 人事、経営企画、リスクマネジメント、コンプライアンス、内部監査の各部門責任者等
内容 15:00〜15:05 1. ご挨拶
15:05〜15:55 2. 労働法改正の方向性の要点解説
・働き方改革関連法(長時間労働、同一労働・同一賃金等)
 ※前回(2018年7月・8月開催)セミナーと類似内容
・入管法改正、パワーハラスメント法整備の方向性 等
15:55〜16:10 休憩
16:10〜16:50 3. 働き方改革に潜む労務リスクと事例紹介
・働き方改革に潜む労務リスク
・働き方改革の事例紹介
16:50〜17:00 4. 質疑応答
内容
詳細資料
備考 開場および受付開始:14:30

お問い合わせ

有限責任監査法人 トーマツ
大阪事務所 関西セミナー事務局 担当 唐鎌/黒木
TEL:06?4560-6006
大阪府大阪市中央区今橋四丁目1−1 淀屋橋三井ビルディング