主催:
有限責任監査法人トーマツ
日時:
2013年1月17日(木) 14:00〜17:00
申込期間:2012年12月6日(木)〜2013年1月10日(木)
平成25年3 月に中小企業金融円滑化法(中小企業等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律。以下「円滑化法」)が終了期限をむかえます。ポスト円滑化法時代に向けて、政府は「中小企業金融円滑化法の最終延長を踏まえた中小企業の経営支援のための政策パッケージ」を発表し、各種制度を整備するとしていますが各金融機関には、今まで以上にコンサルティング機能を発揮することにより、中小企業を支援することを求めています。
本セミナーでは、ポスト円滑化法時代における、取引先支援の方向性について、廃業検討先対応も含め、実務上留意すべきポイントを解説します。

開催概要

会場
810-0001 福岡県 福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラ11F
TEL: 092-751-1120
参加費 1名様5,000円(税込み)
トーマツのクライアントの場合は1名様3,000円(税込み)
定員 40名
対象 金融機関の取引先担当部門、融資審査部門等に従事されている方
内容 14:00〜14:05 1. ご挨拶
14:05〜14:35 2. 円滑化終了による影響、
           3. 円滑化法終了後の金融機関に求められる役割
            (講師 : 有限責任監査法人トーマツ 時任 奈穂)
14:45〜16:05 4. 取引先支援の事例に見る成功のポイント
            (講師 : デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー株式会社 山崎 勝士)
16:15〜16:50 5. 廃業検討先対応の留意点
            (講師 : 有限責任監査法人トーマツ 時任 奈穂)
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
福岡事務所 金融インダストリーグループ
セミナー事務局 担当:山崎、久保
TEL: 092-751-1120FAX: 092-751-1035
福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラ