主催:
有限責任監査法人 トーマツ
日時:
2020年2月20日(木) 15:00〜17:00
申込期間:2020年1月9日(木) 〜2020年2月17日(月) 終日
近年、少子高齢化に伴う人口減は一貫して持続しており、特に労働力人口(20〜64歳)の減少による優秀な働き手の不足が懸念されています。その一方で、働き手不足を解消するためには高齢者(65歳以上)や外国人材の活用、非正規雇用の待遇見直し、柔軟な労働環境の実現等が必須になってきています。また、目下では2020年の東京オリンピックに向け交通混乱解消のためのテレワークも推進されており、従来の画一的な働き方の見直しには時間が残されていません。こうした中、政府を中心に働き方改革関連法の制定、各種施策が推進され、多くの企業で長時間労働の抑制、在宅勤務やフレックス勤務の奨励等の対策が取られています。しかし取り組む企業の中には、働き方改革を行う目的意識の欠如や働き方への評価の曖昧さ、改革効果の可視化が不十分であること等を原因として、改革が十分に進まない企業も少なくないと推測されます。

そこで、有限責任監査法人トーマツは、テクノロジーを活用したこれまでの働き方改革の取組を振り返り、新たにアプローチを問い直す「働き方改革を改革する」と題したセミナーを開催いたします。本セミナーは2部構成とし、 第1部では、有限責任監査法人トーマツより、働き方改革の取組の現状と課題の振り返りとテクノロジーを活用した今後のあるべき働き方改革の姿についてご説明いたします 。第2部では、株式会社クロスポイントソリューションより、業務モニタリングツールを活用した働き方改革のさらなる高度化可能性について、ご紹介いたします。
ご多用とは存じますが、ぜひご参加くださいますようご案内申し上げます。

開催概要

会場
〒100-0005 東京都 千代田区丸の内3-3-1
参加費 無料
定員 60名
対象
内容 第1部: 働き方改革を取り巻く現状の課題及びテクノロジーを用いた解決・高度化の方向性
・働き方改革を取り巻く環境とこれまでの取組
・デジタルツールを用いた新たな働き方改革の視点
(講演: 有限責任監査法人トーマツ リスクアドバイザリー事業本部)

第2部: 業務可視化・モニタリングツール(JC360)の活用イメージ
・JC360の技術的特徴・仕様
・JC360導入にあたってのプロセス、コスト、対応体制、等
(講演: 株式会社クロスポイントソリューション)
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

有限責任監査法人 トーマツ
セミナー事務局
03-6213-1515
東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル