主催:
デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
共催:TMI総合法律事務所
日時:
視聴期間 2021年3月12日(金)〜2021年3月31日(水)23:59
申込期間:2021年3月12日(金) 〜2021年3月26日(金) 17:00
2021年3月3日(水)にライブ配信しましたWebinar「ウィズコロナに潜む不正・不祥事リスクと事業再生」ですが、
ご好評につき、オンデマンド配信をさせていただくことになりました。
是非この機会にお申し込みの上、ご視聴いただければ幸いです。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な蔓延は、リーマン・ショック以上の混乱を世界経済にもたらし始めています。また、ワークスタイルにも大きな変化が生まれ、リモートワークの拡充をはじめとした新しい働き方を導入する動きが加速しています。
 TMI総合法律事務所およびデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社は、「ウィズコロナに潜む不正・不祥事リスクと事業再生 〜リモート下の監査・調査から学ぶ〜」と題したウェビナーを開催いたします。本セミナーでは、ウィズコロナにおける企業経営環境を踏まえ、不確実性が高い時代において、懸念される不正リスクおよび企業に求められる変革について経験豊富な弁護士・コンサルタントが解説いたします。本セミナーは、上場会社における管理者・責任者様にとって、今後の参考情報として役立てていただけるのではないかと考えております。

開催概要

会場
Webinar(オンラインセミナー)
参加費
定員
対象 上場会社における経営企画・法務・経理・内部監査・リスクマネジメント・コンプライアンスご担当責任者様向け
内容 1. ウィズコロナにおける企業経営環境「2021年のoutlook」(19分)
・業績悪化(含むbeforeコロナからの経営環境悪化)
・金融機関のスタンス
・今後の影響
講師:TMI総合法律事務所 衛藤 佳樹
デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社 西村 岳

2. 企業のDX化推進とデータ改ざんリスク(34分)
・完全電子化の途上における紙とデータの併存に伴うデータ改ざんリスク
・各システムにおけるアクセス制御の不備と内部不正
・体制整備の必要性
講師:TMI総合法律事務所 田代 啓史郎、寺門 峻佑

3. コロナ禍における不正監査に関する留意点「リモート環境下でのデータ監査技法の高度化」(25分)
・COVID-19が及ぼす企業の不正リスク対応への影響
・不正リスク評価への影響
・不正リスク対応監査への影響
講師:デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社 川中 雄貴、大田 和範

全体パネルディスカッション(37分)
・本日のテーマについて振り返り
・質疑応答
パネリスト:TMI総合法律事務所 戸田 謙太郎(モデレーター)、田代 啓史郎、衛藤 佳樹、寺門 峻佑
デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社 垂水 敬、川中 雄貴、大田 和範、西村 岳
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
セミナー事務局
TEL:03-6213-1180
東京都千代田区丸の内3-2-3 丸の内二重橋ビルディング