主催:
有限責任監査法人トーマツ
日時:
2021年12月10日(金) 15:00〜17:00(14:50よりアクセス可能)
申込期間:2021年11月11日(木) 〜2021年12月8日(水) 17:00
有限責任監査法人トーマツは、昨年に引き続き、当年度も文部科学省高等教育局私学部より講師をお招きし「大学経営を支援するマネジメントセミナー」を開催いたします。

学校法人を取り巻く環境は近年大きく変化していますが、2021年7月にはガバナンス改革会議が設置され、社会から助成を受けるに相応しい説明責任を果たせる法人のガバナンスの在り方が改めて検討されています。
また、社会にとって魅力ある大学になるために、個性や多様性の特徴を活かし、ステークホルダーとの対話により得られた意見や要望などを大学の経営に取り入れ、大学の取組みを広く社会に発信していくことが期待されています。

今回は文部科学省の私学部参事官小代氏に登壇頂き、これまでのご経験をもとに現在の学校法人を取り巻く状況及びこれからの学校法人経営について、広く解説していただきます。
また、第2部は学校法人上智学院の林氏、国立大学法人東京大学の青木氏をパネリストにお迎えして、SDGsやESG投資、IR等にかかる取組みの事例を紹介頂くとともに、「社会から真に必要とされる大学」をテーマに、パネルディスカッションを行います。

この貴重な機会を活用頂き、皆様の法人経営強化の施策の一助となれば幸いです。ご多忙の折とは存じますが、ぜひご参加下さいますようご案内申し上げます。

開催概要

会場
Webinar(オンラインセミナー)
参加費 無料
定員 500名
※同業他社、もしくはお申し込みが定員を超えた場合にはお断りする場合もありますので、ご了承下さい。
対象 私立大学等の役員、経営企画・財務等をご担当の部課長
内容 15:00〜15:05 開会挨拶
有限責任監査法人トーマツ パブリックセクター・ヘルスケア事業部
パートナー 長村 彌角

15:05〜15:45 第 1 部 「私立大学を取り巻く諸課題と社会から真に必要とされる大学」
文部科学省高等教育局私学部参事官(学校法人担当)
小代 哲也 氏

15:45〜16:55 第 2 部 パネルディスカッション 「社会から真に必要とされる大学となるために〜」
パネリスト:
学校法人上智学院 総務局経営企画グループ長・IR推進室兼務
林 裕佳 氏

国立大学法人東京大学 財務部決算課長・IRデータ室副室長
青木 志帆 氏

有限責任監査法人トーマツ パブリックセクター・ヘルスケア事業部
パートナー 奥谷 恭子

16:55〜17:00 閉会挨拶
有限責任監査法人トーマツ パブリックセクター・ヘルスケア事業部
パートナー 奥谷 恭子
内容
詳細資料
備考 ※開催1営業日前に、メールにて受講方法および視聴URLをご案内します
※同業者の方、参加対象でない方、お申し込みが定員を超えた場合にはお断りする場合もありますので、ご了承下さい。

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
セミナー事務局
TEL:03-6213-1515
東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル
(電話によるお問い合わせ受付時間:平日10:00〜11:45、12:45〜17:00)